« 陸機の言葉 #001 | トップページ | ビートたけしの言葉 #001 »

2004/12/05

アシリ・レラの言葉 #001

私はずっと闘って来た。アイヌとして。でも闘って来た相手はシサムじゃない。
私は私自身と闘って来た。闘うべき相手はいつも自分自身なのだ。
なぜ私の言葉は相手に届かないのか、
なぜ私の思いは伝わらないのか、
なぜ相手は私を攻撃するのか、
それは私の言葉が足りないから、私の態度が攻撃的だからではないのか……と。
私は今日、精一杯あらん限りの言葉で何かを伝えようとしたか、
私は今日、驕ることなく人を見たか、
私は今日、謙虚に祈ったか、伝えることを諦めなかったか、
怒りをもって語らなかったか、憎しみに負けなかったか……と。
生きることは絶え間ない自分との闘いだよ。
他人と闘っている暇はない。

「HOTWIRED JAPAN 先端人公開日記 田口 ランディの日記より http://www.hotwired.co.jp/opendiary/

|

« 陸機の言葉 #001 | トップページ | ビートたけしの言葉 #001 »

コメント

むぅ。なるほどぉ~。
自分との闘い。アイヌの村は北海道に行った時訪れまたんだけど、なんか神聖な感じがしたなぁ。ムックリっていう口で鳴らす楽器とかあって自分たちの世界をこうやってずっと守ってきたんだなぁって。
今は、守ろうとする人も少なくなってきてるんだよね。確か俳優の宇梶剛士さんはアイヌの血が流れてるんだよね。
ランディさんは沖縄のシャーマンといい、人間の本能の力の偉大さにいつも気づかせてくれるよね。
素朴な人ほど強く見えるのはなぜだろうね。

トラバありがとうございましたm(__)m

投稿: パピコ | 2005/03/03 08:56

素朴な人ほど強く見えるかぁ.うまいこと言うなぁ.
この言葉はとても真っ直ぐに自分自身を見つめている言葉だよね.
だからとても強いパワーを感じるんだろうな.

投稿: tsune | 2005/03/04 01:26

最後の1行、なかなか言えないと思うのです。ぐっときました。
強い心は愛され肯定された子ども時代に培われる。
いまどれほどの子どもたちがそのままのあなたでいいと
親に肯定されているのでしょうか。

投稿: ユリッチ。 | 2008/11/21 23:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16565/1879206

この記事へのトラックバック一覧です: アシリ・レラの言葉 #001:

» 人のせいにしない生き方 [│││月の涙│││]
とても、清々しくて男らしくてカッコイイ(と、私は思う!)言葉を見つけました。 忘れないように、記しておきます。 ~任天堂の社長である岩田聡さんの言葉~ ... [続きを読む]

受信: 2005/03/03 08:48

« 陸機の言葉 #001 | トップページ | ビートたけしの言葉 #001 »