« セルバンテスの言葉 #001 | トップページ | 兼好法師の言葉 #001 »

2004/10/17

シェイクスピアの言葉 #002

夏の後には必ず不毛の冬がやってきて、その怒り狂い肌を刺す寒風で万物を枯らすように、
季節の巡るままに喜びと悲しみが訪れる。

|

« セルバンテスの言葉 #001 | トップページ | 兼好法師の言葉 #001 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16565/1571544

この記事へのトラックバック一覧です: シェイクスピアの言葉 #002:

« セルバンテスの言葉 #001 | トップページ | 兼好法師の言葉 #001 »