カテゴリー「ニュース」の14件の記事

2005/05/11

運転士さん、ありがとう。

毎日毎日,尼崎脱線事故のニュースが報道されている.

事故の責任はJR西日本にあるし,原因は究明されなければならない.そして,再び同じような事故を繰り返さないようにしっかりとした対策を行う必要があることも自明の理である.

では,日常的に鉄道を利用する乗客の1人として自分には何ができるだろうか?そのことについて少し考えてみたい.

列車の運転というものはとても難しいものだと思う.一世を風靡した「電車でGO!」というゲームを思い出してほしい.あれは電車を運転するゲームだが,その操作の大半は「電車を指定された位置に止めること」に費やされる.「電車でSTOP!」と言ってもよいくらいだ.ちなみにこのゲームでは,オーバーランをしたら減点されてしまったと思う.

それだけ列車を止めるということは難しいことなのだ.

続きを読む "運転士さん、ありがとう。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/12/25

遂に被害確認

フィッシング詐欺の最新ニュースです.
遂に国内でも被害が確認されたようです.皆様もお気をつけ下さい.

「フィッシング詐欺」確認 警察庁、国内で初の被害

 警察庁は24日、銀行など企業からのメールを装って受信者が偽のホームページ(HP)にアクセスするよう仕向け、入力させた個人情報を悪用して金品をだまし取る「フィッシング詐欺」の被害を、初めて確認したと発表した。
 詳細については明らかにしていないが、11月に発生し、被害額は数十万円という。警察庁は偽のHPを確認した段階で、業務妨害や著作権法違反、不正アクセス禁止法違反などの容疑で積極的な摘発を進める方針だ。
 海外では欧米を中心に多額の被害が発生しており、警察庁は同日、全国の警察本部に「フィッシング110番」を設置。情報提供を求めるとともに、全国銀行協会など業界団体に顧客に対する広報啓発などを要請する。

共同通信(Yahoo!ニュース)

誰もが簡単にネットワークに接続し,その恩恵を受けられる時代.
それはとりもなおさず,誰もがネットワークを悪用した犯罪に巻き込まれる危険を孕んだ時代だということ.

このようなネットワークの未来を脅かすような犯罪の蔓延はなんとしても未然に防ぎたい.
技術者の端くれとしてそう強く願っています.
今はとにかくこうして記事に取り上げて啓蒙活動するしかないでしょう.
それが技術に携わるものの使命だとぼくは思っているので,今後もなにか情報があれば載せて行きたいと思います.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/15

「迷惑メール」は日本人的な呼称

つい,今し方フィッシング詐欺についての記事をアップしたばかりですが,今日のニュースにこんなものがあったので紹介しておきます.

危機感が希薄、「迷惑メール」は日本人的な呼称

法人向けウィルス/スパム対策のソフォス株式会社は2004年12月14日、2004年における国内外のコンピュータウィルス発生状況および傾向の分析を発表した。

同社よると2004年に発生したウィルスはこれまでに10,724を数え、昨年同時期と比較して51.8%の増加であった。

(中略)

また,2004年は「フィッシング詐欺」の増加が目立った。米国では24億ドル以上の被害額で、その成功率は5%にも上るという。例えば、主要10銀行のうちの1つの名を騙り、100万通のスパムを送信する。そうすると、約10人に1人が口座を開設しており、その10万人のうち5,000人(5%)が被害に遭うことになる。このようなフィッシング詐欺はリターンが期待されることから今後も増加すると考えられる。日本におけるフィッシング詐欺はまだ初期段階にあるとソフォスは見ているが、同社代表取締役 Alan Broderick 氏は「『迷惑メール』という呼称は、スパムの脅威に対する危機感の欠如である」と述べる。実際の被害は「迷惑」どころではないのだ。

japan.internet.com

詐欺の成功率というものがどれくらいなのかわかりませんが,おそらく5%というのは異常な高さなのでしょう.もはや「迷惑メール」などとは呼べないレベルなんですね.

自分の身は自分で守る,自衛が必要な時代なんだと痛感させられます.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

【警告】フィッシング詐欺に注意!

フィッシング詐欺をご存知でしょうか?

これは今,全米で問題になっている新しい詐欺の手口ですが,どうやら日本にも上陸を始めているようです.近頃はニュースでも取り上げられることがありますから,名前くらいは聞いたこともあるかもしれませんね.

でも,詳しくは知らないという人が多いのではないでしょうか?ぼくもそのうちの1人なので,この新手の詐欺について調べてみました.

オレオレ詐欺もそうですが,詐欺は手口と対策を知っていれば騙される可能性は大きく低下します.ですから,一刻も早く多くの人にフィッシング詐欺というものについて知っておいてもらいたいと思います.長い記事ですが,ぜひ最後まで読んでください.

まずは,基本的な意味を押さえておきましょう.

フィッシング 【phishing】 読み方 : フィッシング

金融機関などからの正規のメールやWebサイトを装い、暗証番号やクレジットカード番号などを搾取する詐欺。「釣り」を意味する「fishing」が語源だが、偽装の手法が洗練されている(sophisticated)ことから「phishing」と綴るようになったとする説がある。

代表的な手口は以下のとおり。メールの送信者名を金融機関の窓口などのアドレスにしたメールを無差別に送りつけ、本文には個人情報を入力するよう促す案内文とWebページへのリンクが載っている。リンクをクリックするとその金融機関の正規のWebサイトと、個人情報入力用のポップアップウィンドウが表示される。メインウィンドウに表示されるサイトは「本物」で、ポップアップページは「偽者」である。本物を見て安心したユーザがポップアップに表示された入力フォームに暗証番号やパスワード、クレジットカード番号などの秘密を入力・送信すると、犯人に情報が送信される。

URLに使用される特殊な書式を利用して、あたかも本物のドメインにリンクしているかのように見せたり、ポップアップウィンドウのアドレスバーを非表示にするなど非常に巧妙な手口を利用しており、「釣られる」被害者が続出している。

対応策としては、送信者欄を信用しない、フォームの送受信にSSLが利用されているか確認する、メールに示された連絡方法(リンクなど)以外の正規のものと確認できている電話番号やURLなどから案内が本物かどうかを確認する、などが挙げられる。

IT用語辞典 e-Words

本物を見せて信用させると言う巧妙な手口です.URLを偽装するなど技術の盲点を突いています.フィッシングサイトへ誘導するメールも送信者などの情報を偽装している可能性があるます.これは,差出人を詐称するウィルスメールやスパムメールと同じテクニックを使用していると思われます.

では,手口についてもう少し詳しく見ていきましょう.

・送信者を偽装したメールでフィッシングサイトへ誘導
クレジットカード口座の更新やメールアドレスの確認,オークションの落札の連絡などを装って,フィッシングサイトへ誘導されます.このメールはURLを表示せずに誘導するために,HTML形式を使用していることが多いようです.この場合はサイトのアドレスではなくリンクが表示されていますので,偽サイトだと気がつきにくくなります.

・URLを偽装したフィッシングサイトで個人情報の入力を要求
本物そっくり,あるいは本物を借用したサイトでクレジットカード番号や暗証番号,パスワードなどの入力を求められます.フレームを利用することで本物のサイトを無断でフィッシングサイトへ表示することができてしまいますので,見た目だけで信用してはいけません.ある技術を使用すればアドレスバーの表示さえも偽装することが可能なのです.

金融機関やオンラインショッピングサイトなどでは,SSLというセキュリティの仕組みを利用するのが一般的です.ブラウザの右下(IEの場合)などに鍵マークがあり,SSLのセキュリティ状態を表示していますので,個人情報を入力する時は鍵がロックされていることを確認しましょう.

次に,日本国内でのフィッシング詐欺の事例としてYahoo!JAPANの例を紹介しましょう.

『個人情報の不正取得に関するご注意』(Yahoo!JAPAN)

『パスワード変更を求める不審なメールに関するご注意』(Yahoo!JAPAN)

『Yahoo! JAPAN IDとパスワードを不正に盗み取る悪質なメールに関するご注意』(Yahoo!JAPAN)

いずれもIDやパスワード,暗証番号,クレジットカード番号などの個人情報が狙われています.

また,金融機関をターゲットとした例としては,イーバンク銀行を騙る詐欺が報告されています.

『フィッシング詐欺に関するご注意 ~不審な通知メール・電話にご注意ください~』(イーバンク銀行)

いよいよ肝心の対策です.

・メール本文中のリンクをクリックしない
アドレスはクリックではなく,ブラウザのアドレスバーに直接入力するようにしましょう.URLが偽装されていた場合,直接入力すれば偽サイトではなく正規のサイトにアクセスするようになります.また,よく利用するサービスはブックマークに登録しておくことをおすすめします.ブックマークを利用すれば,安全に正規のサイトへアクセスすることができます.もちろん,ブックマークする時には信頼できる情報を利用してください.

・HTML形式のメールを使用しない
プレーンテキストのメールではURLの偽装が難しくなりますので,できるだけHTML形式のメールの使用を避けましょう.メーラの設定でHTML形式メールの使用をOFFにすることができるはずです.また,これはウィルス対策としても効果があります.

・メールヘッダを確認する
フィッシング詐欺のメールは精巧に作られているので,注意しないと偽のメールだと見破ることができません.メールのヘッダ情報を参照することができるメーラを使用している場合は,ヘッダの情報を確認するのも一つの方法です.Received from:などのヘッダの情報に不審なものが含まれていないかチェックします.

・SSLの確認
Webサイトで個人情報を入力する時は,セキュリティの状態を確認しましょう.SSLを利用するサイトでは,ブラウザの鍵のマーク(画面の隅などにあります)がロックされた状態になります.

・問い合わせる
本物か偽物かわからない場合は,メールに返信するのではなくWebサイトや電話など別の手段を利用して問い合わせましょう.これが一番確実な方法かもしれません!

『フィッシング詐欺に騙されないための心構えも重要~シマンテック調査』(Internet Watch)によると,フィッシング詐欺の認知度は9月時点で24.4%と,まだまだ低水準で広く一般に認知されてるとは言えないようです.

しかし,この詐欺は架空請求,オレオレ詐欺に続き,今後間違いなく社会問題化するでしょう.既に国や業界は対策に動き出しているようですが,最も重要な対策はより多くの人に周知徹底することだと思います.インフルエンザと同じで予防が重要なのです.被害が拡大してからでは遅すぎます.せめて,この記事を読んだあなたが被害に遭わないように,これらの情報を有効に活用してもらえればと思います.

<お断り>
この記事の内容は,フィッシング詐欺のすべてを述べているわけではありません.詐欺は様々な形であなたに忍び寄ってきます.詐欺の方法も少しずつ形を変えていきますので,以下のサイトなどで常に最新の情報を入手するように心がけてください.また,ぼくはセキュリティの専門家ではありませんので,本文中にて不適切な表現があるかもしれませんが,ご容赦ください.間違いがある場合はコメントでご指摘ください.修正します.

Yahoo!ニュース コンピュータトピックス フィッシング詐欺(Yahoo!ニュース)


参考:
『フィッシング 【phishing】』(IT用語辞典 e-Words)

『フィッシング詐欺に騙されないための心構えも重要~シマンテック調査』(Internet Watch)

Yahoo!ニュース コンピュータトピックス フィッシング詐欺(Yahoo!ニュース)

【手口と対策】
『フィッシング[phishing]について』(InfoRyoma Service Guide)

Yahoo!セキュリティセンター セキュリティガイド(Yahoo!JAPAN)

『“フィッシング詐欺”にご注意』(All About インターネットセキュリティ)

【事例】
『個人情報の不正取得に関するご注意』(Yahoo!JAPAN)

『パスワード変更を求める不審なメールに関するご注意』(Yahoo!JAPAN)

『Yahoo! JAPAN IDとパスワードを不正に盗み取る悪質なメールに関するご注意』(Yahoo!JAPAN)

『フィッシング詐欺に関するご注意 ~不審な通知メール・電話にご注意ください~』(イーバンク銀行)

【米国におけるフィッシング詐欺】
『深刻化する「フィッシング詐欺」』(HOTWIRED WIRED NEWS)

『詐欺に注意、安全なオンラインショッピングのための助言』(Yahoo!ニュース)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/12/11

ラーメンサラダに関する調査結果報告

毎日新聞のニュースでこんなもの見つけました.

ラーメンサラダ考案者らを表彰 /北海道

◇道製麺(せいめん)協同組合は9日、「ラーメンサラダ」を考案した札幌グランドホテル(札幌市中央区)のビアホール「ビッグジョッキ」に感謝状を贈った。
◇同店がオープンした85年、女性客向けに開発した。みそラーメン風の縮れ緬に野菜を載せ、中華風とフレンチドレッシングの味付けが好評を得た。今や、全国で親しまれる居酒屋の定番メニューになっている。
◇小針一夫総料理長は「もっと浸透してほしい」と語り、ラーメン文化に花開いた変わり種が“連麺”と受け継がれるよう期待した。

毎日新聞 2004年12月10日 北海道朝刊

ラーメンサラダ???食べたことあったかなぁ?

今や、全国で親しまれる居酒屋の定番メニューになっている。

えっ,それ本当?

疑問に思ったので調べてみました.Google検索件数ランキングです.「サラダ」と「そば」・「うどん」・「ラーメン」・「そうめん」の組み合わせで調査しました.

その結果は...

1位 7730件 サラダうどん
2位 4690件 そばサラダ
3位 3580件 サラダそば
4位 2520件 サラダラーメン 
5位 3910件 ラーメンサラダ
6位 2240件 そうめんサラダ
7位 1540件 サラダそうめん
8位 614件 うどんサラダ

堂々の1位はサラダうどん.これはファミレスにもありますからねー.さすがです.そして注目のサラダラーメンは第4位.チームそばにはかなわないようです.でも,それなりにメジャーなメニューなんですね.今度見つけたら食べてみます.

そして,意外だったのがうどんサラダの低迷.サラダうどんという名前が浸透しているからでしょうかね?

明日も役に立たない知識でした.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/26

豪に入っては豪に従う

「ウルル登山禁止」というニュースが飛び込んできた.

エアーズロック登山禁止 28日に豪先住民長老服喪

 【シドニー25日共同】オーストラリア大陸の中心部にある巨大な岩山ウルル(英語名エアーズロック)が28日の1日間、登山禁止になる。先住民アボリジニの長老が死亡し、喪に服するためで、ウルルの所有権がアボリジニに返還された1985年以降、文化的理由で登山禁止になるのは今回が3回目。アボリジニは「服喪中は聖地であるウルルへの出入りは制限すべき」とし、ウルルを管理する政府の国立公園局に登山禁止を要請した。ウルルは高さ348メートル、周囲9・4キロ。地元の国立公園は94年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に指定され、年間約40万人の観光客が訪れる。(共同通信)

ウルルがアボリジニの聖地であることを知ったのはつい最近のことだ.

All Aboutのオーストラリアのガイド記事『エアーズロックに登るということ』を読んで知った.この記事を読むまで,ウルルは観光地で登って楽しむものだと思っていた.思い込んでいた.いや,ウルルと言う名も知らず,エアーズロックという英語名と,雄大なオーストラリの大地にずしりと居座る一枚岩の写真を見たことがあるだけだった.

いつの日か自分もあの大きな一枚岩の上に立ってみたいと思っていたけれど,そこがアボリジニにとっての聖地であると知った今は,もはやそのような気持ちにはならない.彼らの聖地を大切にする心を尊重したいなと思う.

世界にはウルルと同じように聖地と呼ばれるところがたくさんあるのだろう.日本国内にだってたくさんあるはずだ.沖縄には今でも大切にされている神聖な場所があると聞く.

世界中へ日本中へ気軽に旅をすることができるようになったけど,心まで軽くしてはいけないね.その土地ではその土地の文化やルールを守らなければ.自分の大切な物を土足で踏みにじられたくはないでしょう?

いつも謙虚な心で旅を楽しみたいと思う.

参考:
『エアーズロックに登るということ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/02

お詫び:被災地情報について

地震関連の記事の中で,田口ランディさんのブログアメーバ的日常で紹介されていたAKIRAさんの日記の一部を転載させていただきましたが,この内容がチェーンメール化している被災地情報の一部だったようです.

ランディさんはこの問題に触れた記事のなかで以下のように述べておられます.

情報源があかされずにチェーンメール化することによって、情報は波及しますが、タイムラグや、個人による情報操作が加わることもあり、おおもとの情報からだんだんとズレていく場合があります。転載するときは、どこからの転載なのか明らかにしましょう。私も、おおもとの情報発信者を確認し、発信された日付を明記した上で掲載するように注意します。新潟震災ボランティア日記管理者の方には、ご迷惑をおかけいたしました。申し訳ありません。

10月28日掲載の『新潟県被災地情報について』より

私自身もこのような状況では,情報源を明らかにすることは非常に大切なことだと感じました.記事を書いている時も,チェーンメールのようにならないかという危惧を多少なりとも持っていましたので,できる限り情報元へのリンクとトラックバックを行ってきたつもりですが,十分な確認を取っていなかったことが悔やまれます.当blogの情報には一部不正確・不適切なものもあったかもしれません.謹んでお詫び申し上げます.

また,一部のblogではマスコミ報道批判が過熱しているようです.当blogでも過去記事でマスコミ報道や政治家の発言について触れていますが,マスコミ批判が真の目的ではありません.今はそのような議論をしている時ではないと思います.blogのこれからのことを考えたいと言うのが本意です.

私自身を含め,まだまだみなさんblogの使い方に慣れていないため,様々な問題が起きています.図らずも今回の震災で,blogの良い面と悪い面があきらかになりつつあるようです.

blogは非常に強力なツールだと思います.だからこそ,使い方が大切です.まだ日本ではblogは産声を上げたばかりですから,今が大事な時期なのではないでしょうか?ここで道を誤ればblogは日本には根付くことなく消えていってしまうかもしれません.いかにしてこの強力なツールを使いこなすか?そういう建設的な議論がなされていくといいなと思います.

なお,個人的な意見ですが,他のblogの記事を紹介するときや引用するときは極力トラックバックを送信したほうが良いと思います.(コメントでも可)

トラックバックの“トラック”は“track”であり,“追跡する”と言う意味を持ちます.トラックバックを送信することにより,情報元からその記事を参照することができるようになりますので,紹介の内容や引用の仕方に問題があるかをチェックすることが可能になると思います.メールを使用してリンクや転載の承諾を求めるやり方もありますが,今回の震災情報の伝達のようなケースでは,情報の正確性とともに速報性が求められますので,事後承諾の意味を込めたトラックバックが特に有効なのではないでしょうか?

また,トラックバックを送信した記事は,情報元へ「私はあなたの記事を元にこのような記事を書きました」と宣言することになりますので,他のサイトを都合よく引用して編集したような記事にはならないのではないかと思います.

自分自身,トラックバックってどうやって使っていいのかよくわかっていなかったのですが,これがひとつの使い方なのかな?と思いましたので,書いてみました.

チェーンメールとblogの決定的な違いは情報が一方通行であるか相互通行可能であるかにあると思います.チェーンメールは出所不明の無責任さがありますが,トラックバックを送信しているblogにはある程度の責任が感じられると思うのは私だけでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/10/30

あれから一週間

地震発生から一週間.全村避難の山古志村では一時帰宅が始まっている.最初の一週間は,みんな必死だし,周りもどんどん支援の手を差し伸べてくれる.でもこれからは,少しずつ落ち着きを取り戻し,だんだんと世間からも忘れられていってしまう.

これからが,さらに大変なんだろう.

前の記事では,物資は十分に確保されたらしいと書いたが,そうではないと考えている人もいるようだ.

いつもおなじみの田口ランディのアメーバ的日常では,こんなことが書かれている.

阪神淡路大震災で神戸にいたときも同じような情況が起こったのを思い出した。 あのときも、たしかに救援物資が余りだした……、かに見えたのだけれど、実は、ニーズの掘り起こしができていなかったのだ。まだまだ必要な人に必要なものが十分に届いていないのだと思う。

『救援物資は余っているの?』より

ランディさんはそう思っているのか.ぼくは被災経験もボランティアの経験もないから,そういうことが想像することができなかった.でも,現地の現実はそうなのかもしれない.

毎日何十台ものトラックで届く物資.山積みの食料,水,毛布などなど.物資は十分だと伝えられた背景には,「被災者は10万人ほどで,届けられた食料がxx万食分.だから当面はまかなえるだろう」と単純に数字で割り出した答えがあったのかもしれないし,「これ以上届いても保管できないし,配ることもままならない」と考えた人がいたのかもしれない.

でも,ニーズは掘り起こされていないのかもしれない.

一週間くらいは,おにぎりやカップ麺でしのげるかもしれない.でも,これからもっと栄養のある温かい食事を提供する必要が出てくるはずだ.特に,子どもとお年寄りの食料事情が心配だ.それに今年は台風が多かったために野菜が高騰している.野菜不足が懸念される.山古志村緊急BLOGによると,山古志村では野菜ジュースは確保することができたそうだ.でも,ほかのところではまだまだ必要とされているかもしれない.(ちなみに,10/30 11:00現在,山古志村では下着類や靴下が不足しているとのこと)

また,これまでは全員が必要なもの,例えば食料や水や毛布が「必要」とされていたけれども,これからは一部の人が必要のものが求められてくるのではないだろうか?

ぼくはメガネを使用しているが,地震の時になくしたり割れてしまったりしたらどうすればよいのだろうか?すぐに度の合ったメガネを手に入れることができるのだろうか?コンタクトを使用している人はケア用品が必要だろうし,最近のディスポーザブルタイプの場合は,交換レンズがなくなる頃かもしれない.こういう問題はもう対処されているのだろうか?それならよいのだけど....

歯科治療が間に合わなくて,歯の痛みで寝られない人がいると聞く.きっとこういう細かいニーズがまだまだあるんじゃないかな?

携帯電話はどうだろう?阪神大震災当時はまだ携帯電話はまだ普及していなかったが,今は違う.一部に普通のエリアがあるようだが復旧しはじめている.避難所では家族・親類との連絡に,情報収集に,ストレス発散に多くの人が携帯電話を使用しているのではないか?

それでは,電源は確保されているのだろうか?充電器の数は十分?コンセントの数は十分?各社のショップでは充電器を貸し出していたり,充電してくれたりするようだけど,みんなちゃんと充電できているのかな?携帯電話は今やライフラインのひとつと言っても過言ではない.これから,復興に向けて人の動きも激しくなるだろう.そうなった時に通信手段の確保は大きな意味を持つはずだ.

想像してみてほしい.自宅の様子を見に行った家族と携帯で連絡が取れなくなったら,どんなに心配になるだろうか?

ここに書いたことはぼくの想像に過ぎない.だから現実とはかけ離れているかもしれないけど,細かいニーズがまだまだありそうだということはわかったきた.

「支援物資は確保されました」というのは,必要最低限の物資が確保されたという意味.「これで十分だ,もう支援は必要ない」という意味ではないんだね.

田口ランディのアメーバ的日常で転載されていたAKIRAさんの日記の言葉(これはAKIRAさんのメール友だちの言葉かな?)を多くの人に伝えたい.伝えてほしい.

本当はボランティアに行けるといいのですが、なかなかみんなができることではなく、人それぞれ少しずつ出来る形で力になれば何か良い結果になるはず。  今一番必要なのは現地の生の声だと僕は思います。  今僕も小千谷市役所に電話したところ確かにおかけ様で救援物資は今時点足りてますが、毎日の状況で何が足りて何が足らないかは変動するので一週間ぐらいしてからなにが必要か確認電話をしてから動いてもらえると助かるとのことでした。  世間の注目が引いた時、これからがもっと大変になると思うので、できる方は約一週間たってから電話してなにが今必要かを聞いてから何かみんなでできることをしましょう。

 小千谷市役所 0258ー83ー3511

『AKIRAMANIA-NA diary』より

これからがもっともっと大変ですね.冬が来て雪が降る.被災した家屋は冬を越せるのだろうか?自宅が積雪に耐えられるか状態かわからない人は,避難所や仮設住宅でこの冬を越さなければならなくなるのだろう.

今,自分にはなにができるのだろうか?改めて考えてみたいと思う.ボランティアには行けそうもないし,モノを送るのは悩むから,義援金くらいしかないのかなぁ?

義援金にも詐欺が横行しているようだから,皆さん気をつけて.信じられないことだけど,信じたくないことだけど,善意ある人がいれば悪意ある人がいるのもまた事実.オレオレ詐欺にも気をつけましょうね.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/10/29

なぜ支援物資はあふれたか?

多くの方々の協力の甲斐あって,被災地で不足してた物資は確保されたようだ..
むしろ,続々と届く物資をさばききれない状況に陥っているらしい.
新潟中越地震 支援物資は満杯 小千谷市「事前連絡を」

それではなぜ物資はあふれたのか?
今日はそのことについて考えてみたい.

昨日,行方不明だった母子が乗っていた車が発見され2歳の男児が救出された.救助作業の様子はTVでも中継されたらしい.今朝のTVでも作業の開始から無事救出されるまでの様子を放送していたようだ.新聞でも紙面を割いて大きく報じられていた.しかし,ちょっと疑問に感じたことがある.

ちょっと長過ぎやしないか?記事が大きすぎはしないか?

今,この瞬間に伝えるべきことはもっとほかにあるのではないのかと思ってしまった.そのひとつが,今現地が必要としているものが何かということだ.

もし,それがTVの生中継を通じてリアルタイムに伝えられていたら,全国から届く援助物資がもっともっと有効に活用されていたのではないかと思う.保管することも配布することもできずに宙に浮いてしまう物資を減らして,本当に必要なものを送ってもらうことができたのではないかと思ってしまう.

安否の情報は重要であるし,行方不明だった母子の状況は気になる.それを報道することも必要だと思う.でも,今はそれ以外にも伝えるべきことがたくさんあるはずだと思う.

マスメディアによって地震の情報はいち早く全国に,世界中に伝えられた.TV・新聞でボランティアや物資や義援金などの援助を呼びかけたことによって,多くの善意が集められた.マスメディアの力は大きいなと思う.だからこそ,フォローもしっかりお願いしたいのだ.現地が今どんなものを必要としているのか?今どんな支援を望んでいるのか?もっともっと伝えてほしい.まだまだ十分に伝えられているとは思えない.

被災地ではなぜ大人用の紙おむつが必要なのか?なぜ貼るカイロが必要になるのか?そういうことが世間にはまだまだ理解されていないと思う.周知されていないと思う.

地震は今後も起こる.日本各地で,世界各地で必ず起こる.その時のためにも,今からでも遅くはないから伝えておいてほしい.それが,マスメディアにしかできないことなのではないだろうか?

マスメディアが伝えてくれるかわからないから,この記事を読んだ人は覚えておいてください.
以下,田口ランディのアメーバ的日常より引用

避難所生活のお年寄りにとって、大人のオムツは必需品だったりする。トイレ事情が悪くてトイレをがまんしているうちに膀胱炎になったりするんだ。トイレは本当にお年寄りと生理中の女性にとっては切実な問題だ。元気な男にはなかなか想像ができないので、この部分が手薄になる。

お年寄りは使い捨てカイロをもむことすらできないので、「貼るカイロ」が必要です。

教えてくれてありがとうございます.感謝の気持ちを込めて今日もアメーバ的日常へトラックバック!

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2004/10/28

新潟中越地震関連blog

27日AM10:40頃,会社のエレベーターに乗った.2Fから14Fへ向かう途中,突然「管制運転中」の表示とともに下降を始め,1Fで降ろされてしまった.後になって同時刻に震度6弱の余震が発生していたことを知った.

エレベーターの中だったためか揺れには気がつかなかったが,これがもっと震源に近いところだったらどうだったのだろうか?被災地ではそのときどうなっていたのか?今も強い余震が続いている.おそろしい.震度6を超す揺れが何度も繰り返されるなんて…

今日は,現地の生の声を伝えるblogを取り上げます.

越路町緊急ホームページ
山古志村緊急BLOG

山古志村緊急BLOGの10/27 17:00の記事
物資が不足しています、お願いします。
●下着類 シャツ・パンツ等が不足しています。
●入浴剤 30m3の野天風呂を作ります。入浴剤が必用です。
●野菜ジュース 野菜不足、青物が不足しています。保存の利く野菜ジュースが必要です。

山古志村では下着類が不足しているそうです.これは田口ランディblogのアメーバ的日常に書かれていた通りですね.
※現在は物資は足りているようです(追記 10/29 01:43)

ボランティアを考えている方は,新潟県災害救援ボランティア本部【重要!】災害救援ボランティアにご参加いただける皆様へ(04.10.27 21:52)を読んでください.

また支援物資に関して以下のような情報があります.
新潟県中越地震義援物資の受付が一旦休止となりました。(04.10.27 16:33)
県対策本部によると、新潟県中越地震義援物資が、既にお申し込みいただきました物資を含めると当面必要と思われる物資が確保される見込みとなったと発表がありました。そのことから新規のお申し込みは一旦中止となりました。

状況は刻一刻変化しています.今日必要なものが,明日には不要なものになっているかもしれませんし,その逆もあるかもしれません.ここに書いた情報も古くなっている恐れがあります.最新の状況を確認してから行動する必要があるようです.

| | コメント (0) | トラックバック (0)