カテゴリー「スポーツ」の7件の記事

2004/09/23

街とクラブとフットボール

明日は久しぶりにサッカー観戦でもしようかと考えている.
我が街「川崎」をホームタウンとする川崎フロンターレのJ1昇格が決まるかもしれないからだ.
今まで一度も試合を見たことがない「にわかサポータ」ではあるけれど,やはり地元チームは応援したい.

あれは3年前のこと.
マドリードからグラナダへの移動の車中,陽気なスペイン人に出会った.あの日の出来事は強烈で,スペイン滞在の良き思い出としてはっきりと心に残っている.

日本の列車よりもスペインの長距離列車の車両は短い.定員はおそらく25名ほど.私たち3人と同じ車両に乗り合わせたのは,ビジネスマン風の男性と女性2人組と20人ほどの団体客だった.

マドリードを出発すると,20人ほどの集団はおもむろに立ち上がり,大量のウィスキーと氷を取り出し宴会を始めた.ほどなく彼らは酔っぱらいはじめ,溶けた氷で車内は水浸し.騒々しくてたまらないなぁと思っていた.

そして…ついに来た.酒をすすめられたのだ.
こんな連中と酒なんて飲んだらどうなってしまうかわからない.
「勘弁してくれよ!」と内心困っていたのだが,酔った相手に逆らえるわけもなく,ついには宴会に巻き込まれてしまった.彼らは車両一両丸ごと宴会場に変えてしまった.

しかし,思っていたほど彼らは悪い人たちではなさそうだった.
一緒に飲み始めてそれがわかった.彼らは一様にサッカーを愛していた.マドリードからやってきた彼らは,レアルとアトレチコに分かれるものの,それぞれがそれぞれのクラブを愛していた.そしてそれをろくに言葉も通じないアジアの片隅からやってきた旅行客に熱心に話しかけるのだ.サッカーの話をする彼らの瞳は,酔っぱらってはいたけれど輝いていたように思う.

いいなぁって思った.
愛すべきものがあることはいいなぁって思った.
だから明日は,フロンターレを応援したい.
スペインで出会った陽気な彼らのように.
私たちの街の私たちのクラブを.

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2004/09/18

古田敦也に拍手を!

皆さんご存知の通り,日本のプロ野球は今週末ストライキが決行されるようです.
スト,合併,新規参入...球界再編については人それぞれ様々な意見があると思います.でも,ここではそんなことには触れません.

今,ぼくはただただ古田敦也選手会長に拍手を送りたい.

古田敦也が忘れられない.
くやしくてくやしくて,怒っているような泣いているような,複雑な表情をしていた.
本当はストなんてやりたくない.一番そう思っているのはほかでもなく彼なんだね.

これからプロ野球界がどうなるのか?
未来は決して明るくなく,雲行きはかなり怪しいけれども,
古田敦也がいるからきっと大丈夫.そう思わせてくれました.

ファンを愛する選手がいて,野球を愛するファンがいる.
だから,大丈夫.
またスタジアムが興奮に包まれる日がやってくるはず.

古田敦也に力一杯の拍手を送ろう.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/21

Awasete Ippon

柔道はJUDOである.

今回のオリンピックでも世界のいたるところから強豪選手がやってきて,日本選手も簡単には勝てない時代.それでも日本選手は際立つスピードと技で圧倒し,すばらしい結果を残してくれた.

イングランドがサッカーの母国なら,日本は柔道の母国.
その誇りを胸にこれからも日本中の柔道選手にはがんばってほしいと思う.そして,柔道を世界に広め,国際スポーツとして認知されるよう努力してきた柔道関係者の皆様にもありがとうと言いたい.

金メダルを取った決勝だけでなく,日本選手の試合だけでなく,どの試合も,スピードと技が見事で本当に見ていて楽しかった.

それにしても,昨日の女子78キロ超級決勝はすごかった.塚田真希は一本背負いで技ありを取られ,そのまま押さえ込まれたが,その絶体絶命のピンチから逆転!一瞬のスキをつき,起死回生の後ろけさ固めを決めて金メダルを手にした.

あきらめないこと.試合終了まで決してあきらめないこと.その大切さを教えてくれた試合だった.柔道には詳しくないので,技術的なことは何もわからないけど,わからなくてもわかることがある.伝わることがある.

さて,塚田真希の準決勝.合わせ技一本で決勝へ駒を進めた.
『合わせ技一本!』と言うといかにも武道らしい力強さを感じるのだが,TV中継の画面の英語表記は『Awasete Ippon』.
ちょっと拍子抜け?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/12

ありがとうピラータ

ツール・ド・フランスについて調べていたら,信じられない記事を目にした.

今年2月。なぞの自殺?をとげた98年総合優勝者マルコ・パンターニの思い出。

え?うそでしょ?この瞬間に頭は真っ白になってしまった....
孤高のクライマー.マルコ・パンターニ.愛すべき海賊.
もう彼の電光石火のアタックが見られないかと思うとつらいなぁ...

ダメだ...ショックが大きすぎてこれ以上書けない.

ありがとうピラータ.安らかに.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツールドフランス2004

今年も熱い夏がやってきました.ツール・ド・フランス2004.
のどかな田園風景を,過酷なアルプスの峠道を,189人の男たちがパリ,シャンゼリゼへと疾走しています.マイヨ・ジョーヌに袖を通すのはいったい誰か?アームストロングの6連覇は達成されるのか?

CSでは全レース放映しているようですが,残念ながら加入してませんので毎年地上波で見ています.年々放送回数が削減されてしまって今年も前半戦特集と総集編の二回のみですが,見逃さずに見なければ.がんばれフジテレビ.
放送時間は以下の通り.
7/19 深夜2:43〜4:25 前半戦特集
8/01 深夜1:55〜4:13 総集編
ツールドフランス2004

レースもさることながら,美しいフランスの風景の中を駆け抜ける映像だけでも見る価値はあります.夏のフランスを旅したくなること間違いなしです.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/03/27

タコチコース

明日はタコチコースでスキー.楽しみだなぁ.どんなところなんだろう?
もう春だから雪の状態はあまり良くはないとのこと.だから,写真で見るような銀世界は期待できないね.でも,全長13キロのワンダーランドを堪能して来ようと思う.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/02/08

クライミング

久しぶりにストマジでクライミングして来ました。楽しかったけど、疲れた〜。腕に力が入らないぃぃ。
040208_1546.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)