« 2010年1月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年2月の3件の記事

2010/02/14

開幕しましたね!

ついに開幕しましたね、バンクーバーオリンピック。
前回トリノの時に、浅田真央ちゃんは次回バンクーバーへって言っていたのが、なつかしいですね。
4年間というのは、あっという間ですね。早い早い。

さて、今回は北米大陸での開催。
時差の関係でなかなかリアルタイムで競技は見れそうにないですね。
生放送も少ないみたい。
しかたないけど、やはりLiveでドキドキしながら見たいなぁ。
ちょっと残念。

注目の競技と言えば、やはりフィギュア女子とモーグル女子でしょう。
もちろん楽しみにしているけど、自分が一番気になるのはアルペンです。

特に男子回転。皆川健太郎、佐々木明に期待です。
皆川選手は、おなじみ上村愛子の旦那様ですね。
CMにも出演し有名になりましたが、佐々木選手の実力も十分。
今回の出場枠の都合で、参加できない湯浅選手も想いを乗せて、
両選手には納得の滑りをしてもらいたいなと思います。

日本アルペン男子が、世界のトップと争えるレベルまで来て嬉しい。
しかも上位に入る実力を持つ選手が複数いるというのはすごいことです。
金メダルはまだまだ難しいかもしれないけれど、メダルの可能性は十分。
一発勝負のオリンピックで、勝負強さを出してほしいですね。

今日はモーグル。もうすぐ予選開始!ドキドキするなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/02/09

「よどみなく話せること」と「相手に伝わる」ことは同じではない

今日はWeb記事を紹介。

といっても今日の記事ではなく、一月ほどの前の記事です。
日経ビジネスオンラインのメールマガジンで見つけた記事なんだけど、
どうしても一ヶ月分くらいたまってしまう。
なのでタイムラグが発生しちゃうのです。

さて本題。今日はコレ。

「よどみなく話せること」と「相手に伝わる」ことは同じではない
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_61009_475083_103

かの有名なジャパネットたかたの高田社長のお言葉です。
口下手な人の相談への回答の中の言葉です。

人前で緊張してうまく話せないこと、自分も多いです。
今は少しはましになったと思いますが、子どもの頃はひどかった。
緊張してすぐに耳が赤くなって、恥ずかしい思いをしたことは数知れず。
だから、目立つことは嫌いでしたね。今も好きじゃないけど。

でも、人前で話すときに大切なことは、
「うまく話すこと」ではなく「伝えたい」という気持ちなんですね。

うんうん、わかります。

伝えたいという熱い気持ちを持っている人の話は、心に響きます。
しゃべるのが多少へたくそだって。
言葉に詰まったり、かんだりしても、思いがあれば伝わると思います。
むしろ、思いがあるからこそ、すらすらと流暢にはしゃべれないこと、
あると思います。

いいことに気がつかせてくれました。さすが高田社長です。

時々、高田社長のコラムを読んでいたんですが、いいですね。
周りにいる人を包み込むような温かさが感じられます。
だから、みんなついつい買い物してしまうのかも。

今度人前で緊張しそうになったら、ジャパネットたかたのCMソングでも歌いましょう。
きっと緊張が和らいで、思いが伝わるようになるかもしれません。

----------------------------------------
日経ビジネスオンライン
【ジャパネットたかた 高田明の「みなさんの相談に乗りましょう」】
口ベタだからこそ原稿は見ません
プレゼンで「自分をよく見せよう」と思ってはダメ
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_61009_475083_103

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/04

理由

月日が経つのは早いもので、もう2月です。
暦の上ではもう春ですが、真冬の寒さが続きますね。
そうそう雪も降りました。

前置きはこのくらいで。

思った通り続きません。何がって?

続きを読む "理由"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年4月 »