« うさぎ神社 | トップページ | リンク »

2005/01/18

災害大国に生きる

昨日1月17日は,いまさら言うまでものなく”あの日”から10年目の日だった.

今でもTVのニュースで見た映像が頭の中にはっきりと残っている.繰り返し見たから焼き付いたのではなく,いつどこで誰と見たか,そのときなにを思ったかまではっきりと覚えている.それだけ強烈な出来事であったわけで,一瞬にして脳に焼き付けれられた感じがする.あの日以来,地震がとても恐くなった.ちょっとした揺れでも初期微動ではないかと警戒し,最悪のケースを想定して次の行動を考えるクセがついてしまったほどだ.

さて,昨日はTVでも新聞でもいたるところで地震ことを取り扱っていた.ぼくが見たのはそのうちのほんの一部だけど,とても残念に思った.そうした情報の多くは,今後何十年間にM8クラスの地震が起こる確率がどれくらいだとか,何十万人が被災して,家が何万軒倒壊するといった被害の想定の話であったり,地震よりも恐いのは火災だとか,こういう場所が危ないとか,そういう危機意識を煽るようなものが多かったような気がする.

「そんなことは,10年以上前から知っているよ!」と思う.いまさら桁がひとつ増えたくらいじゃ別に驚かないよ.神戸や新潟やスマトラを見なくても日本に生きていれば災害はとても身近な問題だということはみんな知っているじゃない.

2004年はいつにもまして災害が多かったけれど,そうでなくても毎年のように台風に襲われ,何年に一度かは震度6を超える大きな地震があり,津波だって来る.豪雨も土砂崩れも洪水も珍しくはない.山火事も雪崩も竜巻もある.おまけに,火山列島で噴火だってある.こんなに災害の多い国はほかにあるのだろうか?日本はなんて危険な土地なのだろう.

こんな危なっかしい場所にもう長いこと暮らしているんだから,災害が他人事ではないことくらいみんなわかっているでしょ?

だから,もっと現実的な役に立つ情報を教えてほしいよ.
いざ,ことが起こったらどう対処したら良いのか?それが一番知りたいんだよ.

20mの津波が押し寄せてきたらどうすればいい?高いところへ逃げろって?高いところが近くにないときはどうするの?
ビルの50階で大地震にあったらどうすればいいの?非常階段で逃げるべき?パニックになってたらどうすればいいの?

もっとそういうことを教えてよ.何人死ぬかなんて重要じゃない.その予想が合っていようが間違っていようが関係ない.災害に強い街作りよりも,災害に強い人作りが先じゃないの?

危険な土地に暮らすからには,生き延びる術を身につけないとね.
自習するしかないのかな...

それにしても,こんなにも危険な土地を見捨てずに住み続けているなんて,日本人は不思議だな.
だけど,ぼくもやっぱり日本が大好きなんだよね.

|

« うさぎ神社 | トップページ | リンク »

コメント

「風の旅人」編集便りにコメントとトラックバックありがとう。
 このブログも随分充実していますね。いやはや、こういうことは10年前には考えられなかったことで、すごい時代になったものです。
 災害大国ということと、私が私のブログで書いた”あてがわれたもの”との関係に対する考察、なかなか鋭いですね。
 そして本当の日本の底力は、おそらく、頻発する災害を”精神的”にどう乗り越えるか、というところにあるのではないかと思います。ネガティブをポジティブに転換する世界観、宇宙観、人生観・・・。

 1月29日から東京の東中野のポレポレタイムス(風の旅人の掲載者でもある本橋成一さんが運営している映画館)で、「生命 希望の贈り物」という映画が上映されます。99年に台湾で起きた大地震がテーマです。
 今日のマスコミ報道とは一線を画すドキュメントがそこにあると思います。それはまた、本橋さんの視点でもあります。

 「風の旅人」が若い読者に読んでいただける状況は、私だけでなく、本橋さんをはじめ「風の旅人」の掲載者の願いでもあります。どうぞよろしくお願い致します。
 個人的には、9号と6号と5号と創刊号に、エッセンスが凝縮しているのではないかと思います。

投稿: 風の旅人 佐伯剛 | 2005/01/21 15:26

>佐伯さん
ご訪問&コメントありがとうございます.
このような形で雑誌を制作されている方と,読者である自分が交流することができるのもすごいことですね.確かに10年前にはとても考えられませんでしたね.
紹介してくださった映画,興味があります.詳しい情報はどこかのサイトに載っていますか?『風の旅人』の次号に載ってますか?ポレポレタイムスのページには載っていないようなので...
『風の旅人』にはこれからも期待しています.バックナンバーもぜひ読ませて頂きたいと思います.とても楽しみです.

投稿: tsune | 2005/01/22 01:52

説明不足でした。
ポレポレタイムスは、本橋さんが運営する通信社みたいなもので、本橋さんが運営する映画館は、ポレポレ東中野です。同じビル内ですが。そこの情報欄に公開映画の情報が出ています。下記アドレスは、映画の内容紹介です。

http://www.mmjp.or.jp/pole2/

投稿: 風の旅人 佐伯剛 | 2005/01/22 10:50

>佐伯さん
わざわざ追加情報ありがとうございます.
もし時間が作れたら行ってみたいと思います.
とても気になる映画です.

投稿: tsune | 2005/01/24 00:03

はじめまして!私は究極的防災・危機管理としての海外移住(防災移住のすすめ)http://blog.livedoor.jp/kyuukyoku_bousai/
というサイトの管理人の大和(やまと)と申します。検索で偶然、貴サイトを見ることが出来ました。地震防災にご関心が有ると思い、コメントさせていただきました。私のサイトの趣旨は、世界最悪の地震.災害多発国.日本!・世界一安全な国とは?・移住する方法は?・究極の地震.災害回避法、安全暮らし術を研究しております。これを読めば、地震や台風等の自然災害がどこで起きるのか、環境汚染はどこがひどいのかなど一目瞭然です。もちろん一生災害に遭わないための究極の防災法も伝授!よろしければ、一度、お読みいただければ幸いです。そして、良いと感じましたら、一人でも多くの方が防災できるようにサイトの宣伝やリンクなどにご協力していただければ幸いです。読者の皆様が災害に遭わない事とサイトの益々のご発展を願っております。有難うございました。

投稿: 大和(やまと) | 2005/12/04 19:57

★大和さん
いろいろな考え方の人がいるんですね.
でもぼくは日本を愛しているので,ここを離れるつもりはないですね.
災害が多いということは自然が豊かであることと同義だと思いますから.

投稿: tsune | 2006/01/28 11:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16565/2611412

この記事へのトラックバック一覧です: 災害大国に生きる:

« うさぎ神社 | トップページ | リンク »