« 曼珠沙華が見たかった | トップページ | 雲–息子への手紙 »

2004/09/23

街とクラブとフットボール

明日は久しぶりにサッカー観戦でもしようかと考えている.
我が街「川崎」をホームタウンとする川崎フロンターレのJ1昇格が決まるかもしれないからだ.
今まで一度も試合を見たことがない「にわかサポータ」ではあるけれど,やはり地元チームは応援したい.

あれは3年前のこと.
マドリードからグラナダへの移動の車中,陽気なスペイン人に出会った.あの日の出来事は強烈で,スペイン滞在の良き思い出としてはっきりと心に残っている.

日本の列車よりもスペインの長距離列車の車両は短い.定員はおそらく25名ほど.私たち3人と同じ車両に乗り合わせたのは,ビジネスマン風の男性と女性2人組と20人ほどの団体客だった.

マドリードを出発すると,20人ほどの集団はおもむろに立ち上がり,大量のウィスキーと氷を取り出し宴会を始めた.ほどなく彼らは酔っぱらいはじめ,溶けた氷で車内は水浸し.騒々しくてたまらないなぁと思っていた.

そして…ついに来た.酒をすすめられたのだ.
こんな連中と酒なんて飲んだらどうなってしまうかわからない.
「勘弁してくれよ!」と内心困っていたのだが,酔った相手に逆らえるわけもなく,ついには宴会に巻き込まれてしまった.彼らは車両一両丸ごと宴会場に変えてしまった.

しかし,思っていたほど彼らは悪い人たちではなさそうだった.
一緒に飲み始めてそれがわかった.彼らは一様にサッカーを愛していた.マドリードからやってきた彼らは,レアルとアトレチコに分かれるものの,それぞれがそれぞれのクラブを愛していた.そしてそれをろくに言葉も通じないアジアの片隅からやってきた旅行客に熱心に話しかけるのだ.サッカーの話をする彼らの瞳は,酔っぱらってはいたけれど輝いていたように思う.

いいなぁって思った.
愛すべきものがあることはいいなぁって思った.
だから明日は,フロンターレを応援したい.
スペインで出会った陽気な彼らのように.
私たちの街の私たちのクラブを.

|

« 曼珠沙華が見たかった | トップページ | 雲–息子への手紙 »

コメント

川崎フロンターレ、惜しかったね・・・。
みんなで一丸となって応援するのは楽しい。
そのチームやメンバーのことをよく知らなくても
応援したチームが勝てば嬉しいし、負ければ悔しいね。

でも、10番のジュニーニョは覚えたよ。

投稿: aya | 2004/09/24 16:16

J1昇格しましたな。
川崎フロンターレおめでとー☆彡

投稿: aya | 2004/09/28 12:18

>aya
スタジアムで試合見るのって楽しいでしょ?
お祭りみたいなものだからね.
ひいきチームが負けてしまうとちょっとさみしいけどさ.

フロンターレは無事に昇格を決めてくれたので,
来シーズンまた試合を見に行きたいな.
今度はJ1だー!!

投稿: tsune | 2004/09/30 02:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16565/1499576

この記事へのトラックバック一覧です: 街とクラブとフットボール:

» Mind-1 [Four Seasons & Seven Days]
004.09.23 16:24:11 Todoroki, Kanagawa M [続きを読む]

受信: 2004/09/30 02:19

« 曼珠沙華が見たかった | トップページ | 雲–息子への手紙 »