« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004年9月の8件の記事

2004/09/23

街とクラブとフットボール

明日は久しぶりにサッカー観戦でもしようかと考えている.
我が街「川崎」をホームタウンとする川崎フロンターレのJ1昇格が決まるかもしれないからだ.
今まで一度も試合を見たことがない「にわかサポータ」ではあるけれど,やはり地元チームは応援したい.

あれは3年前のこと.
マドリードからグラナダへの移動の車中,陽気なスペイン人に出会った.あの日の出来事は強烈で,スペイン滞在の良き思い出としてはっきりと心に残っている.

日本の列車よりもスペインの長距離列車の車両は短い.定員はおそらく25名ほど.私たち3人と同じ車両に乗り合わせたのは,ビジネスマン風の男性と女性2人組と20人ほどの団体客だった.

マドリードを出発すると,20人ほどの集団はおもむろに立ち上がり,大量のウィスキーと氷を取り出し宴会を始めた.ほどなく彼らは酔っぱらいはじめ,溶けた氷で車内は水浸し.騒々しくてたまらないなぁと思っていた.

そして…ついに来た.酒をすすめられたのだ.
こんな連中と酒なんて飲んだらどうなってしまうかわからない.
「勘弁してくれよ!」と内心困っていたのだが,酔った相手に逆らえるわけもなく,ついには宴会に巻き込まれてしまった.彼らは車両一両丸ごと宴会場に変えてしまった.

しかし,思っていたほど彼らは悪い人たちではなさそうだった.
一緒に飲み始めてそれがわかった.彼らは一様にサッカーを愛していた.マドリードからやってきた彼らは,レアルとアトレチコに分かれるものの,それぞれがそれぞれのクラブを愛していた.そしてそれをろくに言葉も通じないアジアの片隅からやってきた旅行客に熱心に話しかけるのだ.サッカーの話をする彼らの瞳は,酔っぱらってはいたけれど輝いていたように思う.

いいなぁって思った.
愛すべきものがあることはいいなぁって思った.
だから明日は,フロンターレを応援したい.
スペインで出会った陽気な彼らのように.
私たちの街の私たちのクラブを.

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2004/09/22

曼珠沙華が見たかった

恵比寿駅で,西武鉄道のポスターを見たのは先々週の土曜日か.
目を奪われる光景だった.曼珠沙華が一面にしている写真だった.そこは巾着田と言うらしい.
初めて聞く地名.地名の由来はその土地の形から来ているとのこと.地図を見ると納得.おもしろい形をしている.

曼珠沙華はこの三連休が見頃らしいと言うことで,ぜひ見に行きたかった.でも,混雑必至.電車は満員,道路は渋滞.絶対そうなると思った.だから,早朝を狙ってみようと考えた.朝早く出てまだ人気の少ない曼珠沙華を見に行こうと.
しかし,前日の夜更かしがたたって早起きはできず,結局曼珠沙華は見ることができなかった.

でも,行かなくて正解だったかもしれない.
聞くところによると午前5時で駐車場は一杯だったそうだ.
周辺の駐車場も7時で一杯になったらしい.

皆さん早起きですね...考えることは同じなのかな?

残念ながら曼珠沙華はもう色あせ始めたとのこと.
また来年に期待することにしよう.

それでも,あきらめきれずにどこかに人知れず美しい花を咲かせている曼珠沙華はないものかと探してしまう.
秋はまだ始まったばかり.

日高市・曼珠沙華の里「巾着田」

| | コメント (6) | トラックバック (3)

2004/09/18

古田敦也に拍手を!

皆さんご存知の通り,日本のプロ野球は今週末ストライキが決行されるようです.
スト,合併,新規参入...球界再編については人それぞれ様々な意見があると思います.でも,ここではそんなことには触れません.

今,ぼくはただただ古田敦也選手会長に拍手を送りたい.

古田敦也が忘れられない.
くやしくてくやしくて,怒っているような泣いているような,複雑な表情をしていた.
本当はストなんてやりたくない.一番そう思っているのはほかでもなく彼なんだね.

これからプロ野球界がどうなるのか?
未来は決して明るくなく,雲行きはかなり怪しいけれども,
古田敦也がいるからきっと大丈夫.そう思わせてくれました.

ファンを愛する選手がいて,野球を愛するファンがいる.
だから,大丈夫.
またスタジアムが興奮に包まれる日がやってくるはず.

古田敦也に力一杯の拍手を送ろう.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/11

Blog移行計画進行中!

Blogを開設して7ヶ月が経ちます.
やはり便利ですね.更新が圧倒的に楽です.
(と言っても記事はそんなにマメには書いてませんがね...)
今後は本格的にBlogを活用しようと思います.

それに伴い,DIMENSION++は更新を停止します.
(と言っても5月から更新してないけど...)
目玉コンテンツ(?)の「言葉コレクション」と「Four Seasons & Seven Days」はBlog化を進めていますので,これからもよろしくお願いいたします.

言葉コレクション
現在の移行状況は60%.
まずは移行完了を目指して毎日ひとつずつ言葉を追加していきます.その後は随時新しい言葉を追加していく予定です.

Four Seasons & Seven Days
過去の写真,撮れたての写真,こちらも随時更新予定です.
これまでよりも一回り大きいサイズで載せますよ!

P.S.
MyblogListを導入するにあたり日頃お世話になっている皆様のサイトを登録させていただきました.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004/09/05

ありがとうピラータ(こうさぎ)

きのうhiroが、アドにITしたいです。


*このエントリは、こうさぎの「hiro」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/04

迷惑メール対策

迷惑メール対策にはいろいろありますが,実用的なのがこれ.
@を使わずメールアドレスを記述

この方法の良いところは,見た目には全く影響がなく,リンクとしても機能するところ.
この対策をしても収集されてしまう可能性はありますが,これをやっておくだけでも少しはましかなと思います.

迷惑メールも困りものだけど,最近コメントスパムが来るようになりました.
週1回の割合で,もう三週連続でやられてます.
IPアドレスもバラバラだから打つ手がなくて困ってます.

コメントスパムは連続して送られてくるので,スパムが来たらパスワード制限を掛けてコメントを送信できなくする対策をします.そのため一時的にアクセスできなくなることがあるかもしれません.そのときはしばらくしてからまたアクセスしてくださいね!

もちろん通常のコメントは,大歓迎です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷惑メールにご注意を

最近,奇妙なメールがよく届く.

---------- 例1 ----------
知り合いを増やす日々( ´∀`)
昨夜は友達とバーに行ってきたョ。
それだけでいい気分♪
アタシ、やっぱりお酒が好き。男も好き。海も好き。
もちろん自分が一番好き。(n‘∀‘)η

奈美
---------- 例1 ----------

おそらく,出会い系サイトなどへの勧誘のメールでしょうね.
しかし,検索で調べた結果衝撃の事実が!!
このメールの本文はある個人の日記サイトの内容をもとに書かれていることが判明したのだ.

おそろしいね.自分の書いた文章がそういう風に使われることがあるなんて.
男はあまりないと思うけど,女性は勝手に使われてしまう可能性があるね.
世界に向けて公開している以上しかたがないけれど.

---------- 例2 ----------
急ですが、15出しますので契約しませんか?

突然のメールで申し訳ございません。率直に言わせていただけば既婚者である私と割り切った関係を持って頂けませんか?
代価として月に15万円前後のサポートをお約束します。
難しい事は言いません。月最低二回以上会って頂ければ問題ありません。2人の時に恋人のように接して頂ければ結構です。
貴方の時間を少し拘束してしまうので金銭が発生するのも致し方ないと考えています。
上記を踏まえた上で契約関係になってはいただけませんか?興味を頂ける内容だと思います。貴方さえお手すきでしたら明日にでも会ってみたいと思っている次第です。場所はご指定ください、重ねてどこにお住まいかもお願いします。  

橘 翠子
---------- 例2 ----------

こちらは全く同じ文面のメールが二回届いた.違うアドレスから.
このメールに返信すると出会い系サイトへ誘導されるらしい.


アドレスをwebに載せたり掲示板に書き込んだりする迷惑メールが届いて困るよね.
ちょっとした対策でアドレスを収集されにくくすることができます.
その方法については次の記事でお知らせしましょう.

参考サイト
質問:このメールの目的は
個人メールを装って

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/01

あなたにとって、ITとは?

いまやITなんて古くさい言葉にも思えるくらい世の中に浸透したけれども,初めてITに触れたのはいつになるのだろうか?

初めてコンピュータに触れたのは90年かな.もう14年も前なのか.中学校にPCルームができたんだっけ.
初めてネットに触れたのは,95年.大学に入学してすぐに先輩に教わってメールとwebを始めた.でもまだメールを送る相手がいなくて,隣の席のの友達に送ってた.会ったこともない人と,距離を超えて時差を超えてメールする今の時代じゃ,笑い話だね.
初めて携帯電話に触れたのは,96年.PHSを買ったんだよなぁ.まだモノクロでちっちゃな液晶だったっけ.
サイトを立ち上げたのは98年.webを通じていろいろな人と出会うことができたね.そして今へとつながる.

さてここで,mixiというソーシャルネットワーキングサイト(SNS)にはまった女性の話を紹介しよう.

「mixi依存症なんです」

SNSはclosedなサービスだから個人的にはあまり好きではない(※1)のだけど,blogに通ずるものがあると思う.ここに来てくれる人たちも彼女の話にうんうんとうなずくところがあるんじゃないかな?

彼女は言う.
 「新しい世界を切り開いてくれたもの。自分の全く知らなかった、“別世界”に遭遇するきっかけをくれたもの。」

ITには問題もたくさんあって諸刃の剣だけれども,正しく使えば自分の世界を広げることができるんだよね.
依存症になるのは考えものだけどさ...

※1 webはopenであるべき!が私の主張.個人的意見ですが.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »