« ハワイの夜の虹は見る者を祝福する | トップページ | Sweets »

2004/05/08

鎌倉 竹の寺『報国寺』

20040410-135938_320.jpg

季節は春,孟宗竹の庭には筍が次々と顔を出す.
ここは鎌倉の西.鎌倉宮よりもさらに奥に位置するためか,訪れる人もそれほど多くはなく,春の桜の季節でも静かな空気の中ゆったりとした時を過ごすことができる.

20040410-140140_320.jpg

まっすぐに空に向かってのびる竹を,ただただ見上げるばかり.
記憶の中のこの庭はなぜか“無音”である.観光客を案内する車夫の解説も,カメラのシャッター音も,何も聞こえない.風に揺れさらさらと葉のすれる音がわずかに聞こえるのみ.
それは言葉にならない美しさのためだろうか?

20040410-141340_320.jpg

この庭の奥では,お抹茶をいただくことができる.
茶碗の中の緑と,眼前の幾筋もの緑を交互に味わう.

報国寺は枯山水の石庭と桜もすばらしい.
桜の花びら舞う4月上旬頃がおすすめ.

|

« ハワイの夜の虹は見る者を祝福する | トップページ | Sweets »

コメント

竹の写真、実物見るのとはまた違ってなんだかすごく神秘的。
このページ開いて、この写真が飛び込んでくるとドキっとするよ。

投稿: aya | 2004/05/12 16:45

初めてコメントさせていただきます。
わー、ayaちゃんだ(^0^)
わたしも早速遊びにきたよ。
つねの写真は光と影の調和がキレイにとれてるね。
つねの視点はいつもこんな感じなのかな。
カメラはとても正直にモノを写すね。
竹ってきれい。
日本人って竹を見るとシャンとする人、多いんじゃないかと思うぱぎ&りんごでした。

投稿: ぱぎ&りんご | 2004/05/24 14:55

ようこそ,ぱぎ&りんごちゃん.
写真の感想もらうのうれしいな.
竹っていいよね.確かにシャンとする気がする.
背筋がまっすぐに伸びていることを背中に竹の定規をさしている様子に例えたりもするし,竹刀を見ると鬼コーチのイメージで,気持ちが引き締まる.
そういう意味じゃないって?

投稿: tsune | 2004/05/27 02:20

tsuneさん、はじめまして(^-^)
パピコです。ご訪問ありがとうございました^^

さっそく、ayaちゃんとりんごちゃん発見!

すごいステキなブログですね^^
思わず大好きな”お抹茶”のとこにコメントさせて頂きます。
上の竹の写真もすごいステキ~。
こういう「和」のテイスト大好きです。
なごみます。お茶のお稽古に通い出してからお茶を頂く事が
こんなに幸せなんだって、毎週楽しみでしょうがないパピです。

ちょくちょく遊びに来ると思いますので
どうぞ宜しくお願いしますm(__)m

投稿: パピコ | 2004/06/10 13:05

パピコさん,ようこそ!!
お茶っていいですよねぇ.
茶道はちゃんと習ったことがないんだけど,どうしても自分でお茶を点ててみたくて,コンパクトな茶道具セットを買ってしまいました.最近使ってないけど,またお茶セットをもって出掛けよう.
山の中とか湖畔とかで,コーヒーとかお茶を飲むのが趣味なもので.自然の中で飲むとまたひと味違いますよ.お試しあれ!

また遊びに来てくださいねー.

投稿: tsune | 2004/06/11 00:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16565/558764

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉 竹の寺『報国寺』:

« ハワイの夜の虹は見る者を祝福する | トップページ | Sweets »