« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »

2004年3月の7件の記事

2004/03/27

タコチコース

明日はタコチコースでスキー.楽しみだなぁ.どんなところなんだろう?
もう春だから雪の状態はあまり良くはないとのこと.だから,写真で見るような銀世界は期待できないね.でも,全長13キロのワンダーランドを堪能して来ようと思う.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/03/23

ネットの力

ビックリした.
先日,このページでホーボージュンさんの文章を引用して言葉を紹介した.
そうしたら,そのご本人からコメントをもらっちゃったんだもん.
(詳しくは冒険の扉参照)

日常生活では出会うことのない人と接点が生まれ,出会いが始まる.ネットは新しい世界を広げてくれるね.これまでにも様々な人たちと出会い,いろいろな刺激を受けてきたけど,あらためてネットの力を認識した出来事だった.

情報は発信するところに集まる.

そう思ってこうしてWebを作ってきたけど,それは間違いじゃないんだな.だからこれからも発信し続けて行こうって思う.

あぁ,でもなかなか書けないなぁ.いや,書きたいことは山ほどあるんだけどね.それを整理して書き込む余裕がない.
気長にがんばりましょう.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/03/12

兄、姉と思い出リレー12年

琉球新報「兄、姉と思い出リレー12年」より
この記事を読んで涙しました.いいね,こういうの.
子どもだもん.ピカピカのランドセルにあこがれるよね.自分自身も“弟”だから,おさがりを使う気持ちよくわかる.でも,時が経つにつれて愛着がわくんだよね.不思議なことに.

二人の背負ったランドセルは,ボロボロになりながら二人の分身になっていったのかな.思い出が一つ一つの傷となってランドセルに刻まれ,ますますくたびれる.でも,同時にその思い出は二人の胸のうちにも刻まれていたんだろうね.すっかり色が剥げシワだらけになったランドセルは,6年のいや12年の歳月の豊かさの表れなんだ.
ボロボロのランドセル抱え「誇りに思う」と語る二人の卒業生は,とても輝いて見えた.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6周年

時が経つのは早いもので,Web開設から6度目の春を迎えた.
この一年いろいろなことがあったなと振り返りつつ,これからの一年間はどんなことがあるのだろうかと期待と不安に胸を膨らませてみたりする.ある意味正月みたいなものかな.
今年からBlogを始めたから,日々の記憶を記録に残しながら過ごしていこうかと思う.果たして来年の今頃,振り返ったときにどんな感想を持つのだろうか?
充実した一年になることを祈ろう.

いやいや,祈るのではなく自らの力で充実させるのだ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/03/09

たかが100円.されど・・・

会社の自動販売機で当たりが出ました!ただそれだけです.
でもささやかな幸せを感じるのです.
ちなみに自動販売機の当たりの確率は1/50以下と法律で決められているんだってさ.
知ってた?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/03/08

チキン二種と豆腐ピザ

☆柚胡椒チキン
柚胡椒をぬりつけて焼くだけ.簡単だけどビールにピッタリの一品.お試しあれ!
☆ルッコラチーズチキン
ムネ肉を開いてとろけるチーズとルッコラをはさんで爪楊枝で閉じる.フライパンで焼いてマヨネーズと粒マスタードをませてかければできあがり.
☆豆腐ピザ
豆腐を一口大に切って焼く.ケチャップをぬり,薄切りのピーマンとトマトをのせる.最後にとろけるチーズをのせてオーブンへ.ケチャップだけだとちょっと甘いから,タバスコがあるといいかも.
040308_0021.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/03/02

24 TWENTY FOUR

1月からほとんど毎週末24 TWENTY FOURのDVDを見てました.噂には聞いていたけど,すっかりはまってしまいましたね.ドラマがリアルタイムに進むのもおもしろいと思わせるポイントだけど,なによりもその複雑巧妙なストーリーが見るものを虜にします.
この24時間ではすべて起こることには理由があるのです.いっさい無駄なシーンはありません.このDVDを見るときは水分の摂取を控えめにすることをおすすめします.映画館でもないのにトイレに立つのを我慢してしまいますから!

続編であるシーズン2が間もなくレンタル開始です.そしてなんと4月にはTVでシーズン1が放映されるらしいですよ.これからも24から目が離せませんね!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »